Concrete reforming association

一般社団法人コンクリート改質協会 ロゴ
一般社団法人コンクリート改質協会 CRA

Document

inquiry@cra-j.com

改修・更新費用のイメージ

 拡大

劣化と保全(補修、修繕、改修)

 ト ッ プ ペ ー ジ    設 立 趣 旨   活 動 内 容   技 術 資 料   技 術 紹 介   Q & A   問 合 せ

リンク

設立趣旨

 (劣化による事故が増えています)



  インフラ長寿命化基本計画(平成25年11月25日インフラ老朽化対策の推進に関する関係省庁連絡会議)では、「技術等の開発・積極的な活用」や「維持管理
 ・更新コス トの縮減平準化」が必要とされています。
限りある長寿命化予算を無駄にすることは許されません。真に有効で、低コストで、長期間効果が持
 続する新
技術が求められます

本法人は、インフラ長寿命化基本計画に基づき、長寿命化に真に有効でコスト縮減に寄与し、長期間効果が持続する技術の普及を目的として、設立されました。

名古屋高速コンクリート落下事故
公共施設の将来の改修・更新費用の推計

・1995年に供用されて20年しか経過してい
 ないのに?
・50年持つはずだったのに?
・人命救助する救急車の屋根に落下?


  劣化が著しく悪いインフラを改修する必要がありますが、その費用を十分捻出できないとすると、益々、コンクリート片の落下といった危険な事故が増える
 事が容易に想像できます。勿論、良好な構造物もありますが、スクラップアンドビルドの思想で建設された構造物は、近いうちに寿命を迎えることになります。
 

◇ インフラ長寿命化基本計画の本文

◇ インフラ長寿命化基本計画の概要

住 環境 創 建 株 式 会 社

 公共施設の現状と長寿命化の必要性  (某市の長寿命化基本方針 )

(1) 将来の改修・更新にかかる費用
    公共施設の建物について、今後 40 年間に必要となる改修・更新費用を試算した結果、その総額は約 5,858 億円で、40 年間の平均では1年
  当たり約 146.5 億円となり、過去5年間の公共施設に係る投資的経費の平均3.1 億円の約1.8倍の予算が必要となります。
    今後、人口の減少や少子高齢化が進み、扶助費など社会保障関連経費の増加 が想定される中、現存する全ての公共施設を将来にわたり
  維持していくことは、極めて難しいと考えられます。

  スラップアンドビルドの時代は終わり、インフラが老朽化しても改修する費用を捻出できず、結果、コンクリート構造物の落下といった事故が増えており、今後も増え続けることになります。
  インフラを延命化させることで、トータルコストの縮減、平準化が可能となります。
但し、延命化(長寿命化)させる場合でも、低コストで真に有効な投資が求められます。
 長寿命化改修しても、計画どおりの効果が得られないと、余分な投資となります。

 (2) 長寿命化の必要性
 今まで公共施設では、施設の老朽化に対する対策は建替えが一般的でした。 しかし今後は、現在の施設総量に対して、施設の改修・更新にかけられる予算が限られていることから、今までのようなサイクルでの建替えによる老朽化 対策から転換し、施設を計画的に維持保全して長寿命化を図ることによって、 単年度の建替えコス トを軽減していくことが必要です。
  長寿命化と、「指針」で示した施設総量縮減の施策(今後20年間で20%の 延床面積の縮減)を合わせて進めていくことにより、改修・更新費用の縮減を 図ります。これらのコスト縮減の取り組みの下、必要な施設整備に優先順位をつけ、中長期的な視点により計画的な保全・更新を行うことで、財政負担の平 準化を図り、適切な公共施設の整備を実施していきます。
サイトマップ   
T O P  設立趣旨  活動内容  技術資料  技術紹介  Q&A 問合せ 
          止水可能な表面含浸材    
  白化しない含浸材
  工法と設計価格

・直径2cmのコンクリート片が多数落下!
・大型トラックの屋根に傷が!

◇ 4年間で3度も名古屋高速コンクリート片落下事故、市議団が委員会で追及

◇ 東名阪自動車道で橋からコンクリート片落下 三重

東名阪自動車道橋からコンクリート片落下
戻る
次へ

2018.06.07 記事

    ある自治体の長寿命化基本方針からの抜粋ですが、他の自治体も大なり小なり同様かと思われます。今まで、大量に建設してきたインフラが一挙に老
  朽化し、気づいたら改修費用がないことに気づいた事になります。国のインフラも同様です。

2014.02.14 記事


長寿命化による改修・更新費用のイメージ